【知って肝炎プロジェクト】7月8日泉ガーデンイベント

C型肝炎
本記事は、2018年4月から6月にかけて治療したC型肝炎についての記録です。2018年9月に完治しました。治療当時の感情で書いていますので、あえてリライトをせずに、そのまま残すことにいたしました。
治療方法等は日々変化していくことと思いますので、詳細は主治医の先生とご相談くださいね。肝臓は沈黙の臓器です。人生に一度はB型またはC型肝炎の検査を受けてください。早期発見で肝臓がんになる前に完治できます。

厚生労働省の【知って肝炎プロジェクト】の7月のイベントです。
昨日、病院の掲示板でポスター発見。

肝炎がどんな病なのか、
なぜ治療をしなくてはいけないのか、
知ることのできる機会です。

私も行きたいけど、この日はちょっと無理かなぁ。

Please Click
にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ

About me

ヤウメイ /多興味ブロガー・エッセイスト&占い・スピリチュアル研究者

先天性の心臓病(心室中隔欠損症)のため、生後10か月に手術。その際の輸血で、当時は「非A型非B型」、つまりC型肝炎に感染。1999年10月、職場の健康診断で、HCV陽性の反応が出る。そこから19年間の病との戦い。ジェノタイプは1b。マヴィレット治療前は、HCV定量が平均6.6。2018年9月末に完治。現在は、半年に1回のエコーと血液検査。

Twitter @youmei81

コメント

タイトルとURLをコピーしました