新幹線にスマホを忘れただけなのに!

エッセイ

本日、病院の検査のために東京行き。こんな状況の中で東京に行くことは迷ったのですが、半年以上前から予約した検査。変更するとまた半年先になるので、勇気をもって東京に行くことにしました。

C型肝炎完治から2年!コロナ禍での定期検査。総合病院で体験したこと、まとめ
昨日、2020年11月24日(火)は、C型肝炎完治してから2年の検査でした。病気を抱えている間は、19年近く3か月に一度の検査でした。完治後からは、半年に一度の検査。 毎回、エコーと採血の検査があります。 私が通院している東京の...

検査は1日がかりなので、2泊3日の旅です。
行先は病院だけなのですが、、、。

スマホを新幹線に忘れる!

久しぶりに、ちょっと長距離で新幹線に乗りました。いつもは乗ったとしても名古屋ー浜松間のみだし、新幹線には2か月ぶり乗りましたから、なんとなく感覚がつかめていなかったんですね。

のんきに荷物の整理をしていたら、もう到着!少し慌ててしまって、窓際に置いていたスマホのことをすっかり忘れて、ばたばた降りてしまいました。よく考えれば、終点の東京駅だったんだから、あわてる必要はなかったんですが、4年前まで何十年も東京に住んでいたくせに、すっかり浜松の時間の流れに慣れてしまったのか、「東京」と聞いただけで、スピーディーに動かなくちゃ!という気持ちになって、焦っていたんですね。

東京駅からタクシーに乗ってホテルに向かう途中に、スマホがないことに気が付きました。
タクシー代をIDで支払おうとしたのに、どんなに探してもスマホがない!

あ~やっちまった!!

タクシーの運転手さんにお願いして東京駅へ戻ってもらい、八重洲中央口改札の脇にある「忘れ物センター」に駆け込みました。

忘れ物センターで!

忘れ物センターの係りのおじさん。忘れ物センターに入った途端に、笑顔で「何を失くしたの?」と聞いてくれました。焦っているこちらの気持ちを、ふっと落ち着かせてくれるような声のトーンと笑顔に、完全に落ち着きを取り戻すことができました。

今やスマホはなくてはならないもの。手元に持っていないと、こんなに不安になるものなんだ!と心臓ドキドキ!しましたよ。今日はそれほど暑くないのに、汗だくでしたからね。

忘れ物センターのおじさんは、私が乗った新幹線が到着したホームに確認してくれたらしく、「あったよ」とまた満面の笑みで伝えてくれました。

ふぅ、、、、ほっとしたぁ。

と思ったとたんに、手の震え。スマホがないだけで、極度に緊張していたらしいです。

スマホはもう、必需品。SNSやメールだけでなく、キャッシュレス決済もヤフオクやメルカリも、ネット検索も、地図も、写真も。自分の人生のすべてがここに収まっているようなもの。家族ともLINEやメッセンジャーで連絡を取り合っているので、完全に必需品です。

私は人生のパートナーが海外在住の外国人なので、スマホがないと連絡が取れなくなる!というぐらい、毎日の連絡はメッセンジャーです。

たかがスマホ。たった1台のスマホ。
スマホをなくしただけ!とは言えないのです。

あ~わたしのすべて~!!!!

今日はそれを実感しました。

結局スマホは、まだ私が乗った新幹線が到着したホームの駅員室にあったので、そこまで取りに行きました。

切符がないのに、どうやってホームにスマホを取りに行くの?

忘れ物センターのおじさんに、「ホームに取りに行って」といわれたものの、もう改札は出てしまっているので、切符はない!どうやって入ればいいのだ?と気になった。

その私の疑問を感じたのか、慣れているのか、忘れ物センターのおじさんは、スムーズに答えてくれました。

忘れ物センターで、【忘れ物を取りにゆくための書類】を書いてもらいます。そうすると、改札口でそれを見せれば、改札内に入れてくれます。東海道新幹線であれば、ホームの5号車あたりに駅員事務所がありますので、そこを訪ねて忘れ物センターで書いてもらった書類を見せます。

その書類に私が伝えたスマホの詳細(カバーの色とかメーカーについて)が書いてあります。

駅員事務所の駅員さんは、その書類を見て、「あ、ちょっと待ってね」と言いながら一度奥に入り、しばらくすると私のスマホをもってきてくれました。

指紋認証で待ち受け画面が開くようになっていますから、駅員さんの目の前で指紋認証をして待ち受け画面を開けば、本人確認ができたとして、渡してくれます。

スマホを失くした!は、人生の一部を失くしたこと

今回の経験で実感したことは、スマホがない!ということは、自分の人生の一部を失くしたのと同じである、ということ。

それほど大きくない端末1台に、写真や人間関係やお金。つまり自分のすべてがそこにあるんです。
もちろん、クラウドにデータは保管されているし、決済も止めてしまえばいいことですが、スマホ1台ですべてを完結させてきていたので、それが突然手元にない!という状態になると、極端に不安になるのだとわかりました。

私はかなりうっかりの性格で、忘れ物が多いので、スマホはいつかやるんじゃないかと思っていました。

だから、スマホがないと気が付いたときには、やっちまった!という思いと、ついにやったわ!という思いが同時にやってきました。究極の焦りの感情がやってきて、暑くないのに湧き出す汗。全身の毛穴から、汗が吹き出しましたよ。感情は、完全に脳の神経とつながっているんですね!

もう!!明日から!!スマホを首からぶら下げておきたい気分です。

Please Click
ブログランキング・にほんブログ村へ

About me

ヤウメイ /ブロガー・エッセイスト

コロナ前は、日本国内と香港・マカオをはじめとした海外を、1年中飛び回って生活していました。しかしコロナによって、生き方を変えようと考えるようになり、いまはブログと占いで生活をしています。占いは、以前から副業としてやっていました。老後にゆったりと占い師で生活しようと思い、準備のために副業をしていたのです。しかし、コロナでかなりの前倒しで本業へ。占いやスピリチュアルの世界はとても好きですが、旅行も好きなので、将来はプライベートガイドとして生活したいと思っています。かなりの欲張り!実は、旅行業務取扱管理者です。

Twitter @youmei81

コメント

タイトルとURLをコピーしました