気まぐれフリーライター侑美のブログ

2軸のスタビライザーを買ってみた

フリーライターの侑美です。





旅行を仕事にするものにとって大事なのは写真や動画だ。昨今は、これがうまく撮れないと商売にはならないと思うぐらい、ブログやSNSに掲載する写真に力を注いでいる人も少なくない。

私はそれほど写真を撮ることがうまいわけではない。まさに、下手の横好きである。実は数年前までは、撮られることも拒んでいた。美人でもなく、当時は少し太っていて、化粧も特別好きではなかったし、ただひたすら仕事ひと筋の女子に興味を持つ人などいないだろう、と考えていたからだ。つまり、簡単に言えば、自分に自信がなかった。

とはいえ、今自分に自信があるのか、と言われれば全くそんなことはないが、自然体の自分をさらけ出すということができるようになってきた。

旅と写真のおかげだ。旅をすれば、写真を撮る。携帯で写真が撮れるようになる以前から、フィルムカメラが1家に1台普及するようになったころからの定番であろう。せっかく旅をするなら、やっぱり自分もその写真の中におさまりたいという気持ちになり、20年近く拒んできた写真を撮られることを解禁したのが、2019年3月の三重県の旅であった。

まだ1年ほどしか経っていないが、昨今では自撮りまでするようになった。私にとっては飛躍的な進歩である。

写真を撮られることや撮ることに慣れてくると、次第に欲が出てくる。もっとかっこよく撮れるようになりたい。面白く加工したい。動画も挑戦したい!

今年1月に秋田県を旅行した時、車で移動中に虹を見た。絵に描いたような7色の美しい虹。思わず動画を撮った。車の助手席から撮影したので、手振れがひどい。それでも、あのくっきりとした美しさの虹を映像に残せたことは、旅の思い出をより楽しいものにし、次の旅への意欲を駆り立てることにつながった。

 

動画を撮影し始めると、編集がしたくなる。素人撮影なのだからうまくなくて当たり前だが、ちょっとした説明を入れたり、タイトルをつけたり、フェードイン・フェードアウトをやってみたくなった。しかしそこまで編集するなら、ちゃんとした動画を撮影するほうがいいだろうと、三脚や自撮り棒を考えていたところ、スタビライザーなるものを知った。



スタビライザーとジンバル

スタビライザーは、安定化装置のこと。揺れを軽減させる装置である。スマホで動画を撮影することが一般的になった今、スマホ用のスタビライザーが普及。素人でもちょっと頑張れば手に入る値段になった。

プロの世界でスタビライザーというとRONINという名称をよく耳にする。私はもともと、海外ロケコーディネーターだったので、スタビライザー=RONINと覚えていて、海外のレンタル機材屋によく発注したものだ。

RONINはプロ用なので、とにかくでかい。こんな大きなものは素人に使いこなせるわけはない。しかし、スマホ文化発達により、スマホ用の小型のスタビライザーが登場したというわけだ。

スタビライザーを調べていくとジンバルという言葉を見つけるようになる。スタビライザーもジンバルと同じように、スタビライザー本体によって、揺れを軽減し、スマホの平行を均衡に保ってくれるものだ。スタビライザーとジンバルは、その仕様が違うようだが、ここまでくるとネットで何を調べても、素人にはちんぷんかんぷんなので、割愛する。

まぁ、とにかくジンバルは、アプリをインストールすれば、自動的に揺れを軽減しズームとか特定の人物を追いかける機能とか、いろいろできるらしい。あとスタビライザーより軽量。ということはわかった。

スタビライザー(ジンバル)には2軸と3軸があった

動画に興味を持ち、スタビライザーを知ってから、どうしてもスタビライザーが欲しくなった。もちろんスマホ用のお手軽なやつ。

色々調べていくと、スタビライザーは3軸がいいらしい。スマホの揺れや傾きを自動で上手に検知してくれるだけでなく、本体を片手で操作して右左上下と動かしても、3軸だと安定した映像を撮ることができるのだという。しかしその分、お値段が・・・。コロナ騒動の最中。ちょっとした出費も抑えたい。しかし、今後の活動を考えれば、スタビライザーは欲しい!

ラッキーなことに3000円分ぐらいの楽天トラベルで貯めたポイントがあった。普段はアマゾンユーザーであるが、旅行の時は楽天トラベルで予約すると決めている。楽天市場で使えるポイント目当てだ。こういう時に使わなくては、いつ使う。今でしょ!ってことで、3000円ぐらいで買えるスタビライザーはないか、調べてみた。3軸のスタビライザーが最低でも1万2千円ぐらいはするのに、無理だよね、、、と思いながらわずかな希望にかけてみる。

すると・・・あった・・・。3500円のスタビライザーが!!!!ぁぁぁあ。

 

よく見てみると2軸と書いてある。3軸より1個少ない。2軸だと不安定になるのかなぁ、、、。といろいろ考えたが、素人がいくら考えたところでわからないものはわからない。それに、3軸の高いスタビライザーを買って、使いこなせなかったら全く意味はない。結局メルカリ行きになるだけだ。

だったら、なんとなく使いこなせそうなものをお手軽に買ったほうがいい気がしてきた。

決め手はアプリ

最終的に決定打となったのは、アプリの存在だった。私の携帯はAndroid、Galaxyの古いスマホ。ちょっとお高めの人気のジンバルはアプリをスマホに導入しなければ使えないのだが、このアプリが意外と反応しないことが多いらしい。ほとんどのジンバル紹介のブログには、量販店などで確かめてから購入したほうがいい、というアドバイスが書いてあった。

しかしながら、いまはコロナコロナコロナ!!!量販店に行くこと自体が怖ろしい。購入を検討し始めてしばらくして、愛知県は独自に緊急事態宣言をしたものだから、量販店は次々と休業となったため、ジンバルのアプリがちゃんと動くかを確かめに行くことすらできない。

2軸のスタビライザーを見てみると、アプリ不要!の文字。「これは素晴らしい!」と完全に勢いでぽちっとした。

ぽちっとしてから、やっちまった!と若干の後悔の思いはあった。コロナが落ち着いてからゆっくり検討したほうが良かったかも、、、なんていう思いが心の片隅に湧いてきたが、ぽちっとしたらもう遅い。あとは届くのを待つだけだ。



いよいよ2軸スタビライザーとご対面

届くまでに5日ほどかかった。即日ほしいというようなものではなかったので、特別に遅いという感じはしなかった。ちょうど近所のスーパーへ買い物に行こうと準備をしていた時に届いたので、すぐに開封し、持って出かけることにした。

2軸スタビライザー

2軸スタビライザーパッケージ

実は商品名もわからずに買っていたが、正式な商品名はカワシマ スマホ用電動2軸スタビライザー。かなりのコンパクトサイズだが、それなりにしっかりとした重さはある。

仕様書によれば、サイズ:幅48×奥行54×高さ150mm、対応スマートフォン:液晶サイズ5.5インチまで(幅65mm以上85mm以内)だそう。重さは190g。

あとから気が付いたのだが、楽天市場でもこれを3500円ほどで購入できるのは、1店舗だけだった。取り扱っていたのは、ビックカメラやホームセンターのDCMだが、ビックカメラ楽天市場店では11800円、DCMでは3510円だ。これだけの差は何なのか知りたいところだが、まぁ、安く買えたし、しかもポイントで500円ほどしか支払っていないから、壊れてさえいなければOKである。

中身を確認してみよう。本体、充電用USBケーブル、収納袋、説明書、スマホの大きさが小さい時の補助パーツ。

2軸スタビライザー

2軸スタビライザーの中身

 

説明書は一読したほうがいい。スマホを装着する時の手順とコツが丁寧に書かれているので、最初に読んでから操作することをお勧めしたい。自動スタビライザーとはいえ、最初のスマホをバランスよくきちんと装着しないと、うまくバランスが取れないからだ。また、開封時には少しだけ充電されている状態なので、電源を入れたらすぐに使えた。

早速スタビライザーもって外出

早速外出することにした。一番知りたいのは、スタビライザーがあるのとないのとでは、どれだけ映像が違うのかということ。

撮影した比較映像をアップ。動画撮影は初心者なので、その点お許しを!

縦のがたつきが明らかに違う。歩行をしているときの振動がスタビライザーがあると軽減されている。また慣れてきたころに、もう少し長めの比較映像をアップしてみたいと思う。

ぽちっとした時には、若干不安と後悔の念が湧いてきたが、実際にこうして使ってみると、思っていた以上に良かった。もう少し慣れてくれば、もっといい映像も撮れるようになる気がしてきた。なかなか満足な買い物になった。

 

コロナが落ち着いたら、すぐにでも旅行やハイキングに行きたいと思っているので、この自粛期間中にスタビライザーの使い方をしっかりマスターするつもり。緊急事態宣言下の生活なので、出かけるのは生活必需品と食品を買いに行くだけだが、それでもスタビライザーは持ち歩くことにした。

Please Click
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ

About me

侑美  フリーライター

日本国内と香港・マカオをはじめとした海外を、1年中飛び回って生活しています。せっかく日本各地、海外に行っているのだから、見たもの、感じたこと、聞いたことを記録に残しておきたいと思い、ブログを書いています。プライベートガイド、トラベルライターとして活動を開始した途端、新型コロナ肺炎により、旅行ができなくなりました。そのため、現在はフリーライターとして、料理や身近なことも書き始めました。国家資格である、旅行業務取扱管理者です。

Twitter @youmei81







こちらもご覧ください



コメントを残す