座っているのがつらいので立ってできる料理をした ポトフ編

料理

2020年からの新型コロナ肺炎感染拡大によって2020年4月に発令された、緊急事態宣言中に書いた日記です。

#StayHomeおうちで過ごそう

 

本日の名古屋は強風。家がぽ~んと吹き飛ばされてしまうのではないかと思うほど、荒れ狂ってる。まるでコロナの暴走を思わせる。

我が家は基本的に朝から晩まで、テレビがつけっぱなしになっているが、テレビの音声が聞こえてくるたびに恐怖しか感じなくなってきた。コロナのニュースしか聞こえてこないからだ。外出することの恐怖。高齢な母に万が一感染したら・・・そんなことばかり考えていると気が滅入る。

ストレスなのか、3日前から突然腰痛が出た。物理的な原因は、大掃除をしたこと。体を動かさないと、足腰弱る!と思い、家の中を磨きまくった。その結果、腰痛が出るという大失態。少しはよくなってきたのだが、椅子に座っていられない。ネットで調べたところ、腰痛は物理的な原因以外にストレスがあるらしい。おとなしくしてても治らないのは、ストレスかもしれない。今病院に行くのは怖い。腰痛といって整形外科へ行ったところで、どうせ湿布を出されて「じっとしていなさい」のひと言で終わりだ。

しかし元来、じっとしているのが苦手な性格。腰痛だからといって、動けるのに横になっているというのは性に合わない。むしろストレスがたまる。

座らずにできることは何かないか。
そうだ、料理だ。と、大してできもしないのに、料理上手な顔をしてキッチンに立ってみる。キッチンの高さが、痛めた腰にはちょうどいい支えになった。

そんな難しい料理はする気分ではない。立っているほうが楽とはいえ、長時間立っているのは難しい。簡単にできるもので、気分転換になるメニューはないだろうかと思いながら、冷蔵庫を探る。

ソーセージがあった。あ、そうだ。朝食に食べようと思って買ってあったんだ。冷蔵庫に残りがちな、ニンジンとジャガイモ、春キャベツが1/4ぐらいあった。

これなら、ポトフができる。手間がかからず、1人なら2日は食べられる量が作れるだろう。好物のノンアルコールビール・オールフリーとも相性がよさそうだ。

AD

手間をかけないポトフの作り方

材料

  • ちいさめのソーセージ 12本
  • ニンジン 1本
  • ジャガイモ 1個
  • キャベツ 1/4
  • 野菜ブイヨン 大さじ2~3
  • 塩・胡椒 少々
    ポトフの作り方

作り方(レシピ)

  1. にんじんは乱切り、じゃがいもはくし切り、キャベツはざく切りにする。
  2. (1)の野菜とソーセージを全部鍋に入れ、材料の半分ぐらいの量のお水を入れる。目安としては1リットルぐらい。
  3. 中火で少し煮込んだら、野菜ブイヨンと塩、胡椒で味をととのえる。

ニンジンとジャガイモに火が通りさえすればOK。

ポトフの作り方

ポトフの完成

ひとり暮らしの人は、外出自粛で野菜不足になりがちだと思う。ポトフは手っ取り早く野菜を補給するのに適している。1時間もかからずにさっと作って、食べられる。余れば冷蔵庫に入れて、翌日また温めなおすのがいい。

 

おうち時間を楽しもう!

執筆者
やうめい

ブロガー・エッセイスト・ライター
食べること大好き!全国のおいしいものを求めて旅をするブロガー、ライター、執筆家です。
国家資格である、旅行業務取扱管理者です。
本ブログでは、「日本を知る」をテーマに執筆しています。
また、C型肝炎で闘病したこともあり、C型肝炎治療についても記録しています。

やうめいをフォローする
料理
AD
やうめいをフォローする
My life and My travel

コメント

タイトルとURLをコピーしました