マヴィレット治療50日目 あと6日です

C型肝炎

本記事は、2018年4月から6月にかけて治療したC型肝炎についての記録です。2018年9月に完治しました。治療当時の感情で書いていますので、あえてリライトをせずに、そのまま残すことにいたしました。
治療方法等は日々変化していくことと思いますので、詳細は主治医の先生とご相談くださいね。肝臓は沈黙の臓器です。人生に一度はB型またはC型肝炎の検査を受けてください。早期発見で肝臓がんになる前に完治できます。


マヴィレット治療も50日目を迎えました。
来週の月曜日でお薬は終了です。
ありがたいことに、一切の副作用なく、肌も白くなり、肌のつやを取り戻すこともできました。
疲れが溜まらない状態になり、夕方にど~んとくる重力を感じるような疲れも出なくなりました。

そして何より、気持ちが前向き。
病気に対する不安がなくなってゆきました。

ありがたいです。

あとは、お薬をやめてから、C型肝炎ウィルスがひょっこりはん(再燃)しないように、願うばかりです。
マヴィレットを飲み終わってから12週間後に採血で確認します。その12週間が、長いなぁ。

でもその12週間の間に、思い切って今まで体調を考えて避けてきた仕事も入れてみようと思っていますし、7月上旬には2日間(1日8時間)の旅程管理主任者資格の講習と試験を受けます。

ロケコーディネーターに旅程管理主任者資格、つまり添乗員の資格が必要かというと、必要ではないのですが、でも撮影がないときはツアーの添乗員もできるので、いろんな意味で勉強になるかな、、、と思っています。

そのうちどこかで週末に日帰りツアーの旗振ってるかも・・・(^^)。

お誕生日にお花をいただきました🎉😍

執筆者
やうめい

先天性の心臓病(心室中隔欠損症)のため、生後10か月に手術。その際の輸血で、当時は「非A型非B型」、つまりC型肝炎に感染。1999年10月、職場の健康診断で、HCV陽性の反応が出る。そこから19年間の病との戦い。ジェノタイプは1b。マヴィレット治療前は、HCV定量が平均6.6。2018年9月末に完治。現在は、半年に1回のエコーと血液検査。

やうめいをフォローする
C型肝炎
AD
やうめいをフォローする
My life and My travel

コメント

タイトルとURLをコピーしました